みちくさの山歩き・里歩き

yukiyomogi.exblog.jp

山野草や素敵なモノとの出会いなど、低山歩きを中心にした山や里の散策記録です。

花メモ/ ユキワリソウ

日時:2013/07/22


キンポウゲ科のミスミソウなどのことも、別名でユキワリソウと呼ぶことがありますが
そちらの話ではなく、サクラソウ科のユキワリソウの話です。



d0159609_1538487.jpg
サクラソウ科の多年草。

山地の岩場や砂礫地・草地などに生え
草丈10~15cm程度
葉は、倒卵状長楕円形で
裏面に黄粉が着く付着する。
淡紅紫~紅紫色の花を3~15個程度つけ
花の中央部には、白と黄色の2重の隈がある。

写真中央の細長い葉は
別の植物のもので
下のほうにボケて写っているのが
ユキワリソウの葉です。



花の中央には、雌しべが1本あり
雌しべが長く出ている「長花柱花」と、雌しべが短い「短花柱花」
の、2タイプが1つのコロニーに混在している。

中間体の「中花柱花」がコロニー内に多くなると
そのコロニーの、絶滅が危惧されるようである。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by yomogi_e | 2013-07-22 15:55 | 花メモ | Comments(0)