みちくさの山歩き・里歩き

yukiyomogi.exblog.jp

山野草や素敵なモノとの出会いなど、低山歩きを中心にした山や里の散策記録です。

戸隠山

日時:2013/09/14
場所:戸隠山 (長野県)
人数:単独
天候:曇り/ 時々晴れ


仕事が少ないため、会社が急遽休みになりました。
(と言うか、自主的に休日にしました・・・汗)

この週末の天気予報を見る限り、外遊びできるのは14日の午前中しかないようだし
まぁ、休みになったのはラッキーかもしれない。

「蟻の戸渡り・剣の刃渡り」の怖いモノ見たさの興味から
以前、ざっと行程を組んだことがある「戸隠山」の計画を
適当に見直して、1人出掛けることにしました。

夜中に出発。予定どおり、日の出の少し前に到着。
70~80台程度停まりそうな無料駐車場には
車中泊の車?などで夜明け近くには10台ほど停まっていました。

あたりが明るくなってから、準備をして登山を開始します。

戸隠神社(奥社)の参道は、まだ人も少なくて良い雰囲気です。
道横の水の流れにはシラヒゲソウも咲いていました。
「随神門」から先は、杉並木が神聖な雰囲気をかもしだしています。


d0159609_11171832.jpg

 参道入口


d0159609_11174693.jpg

 登山道入口

 登山カードの提出は忘れずに!

 私も提出しました。(^^)


「奥社」は戸が閉めてありましたが
お参りした後、社務所の横の登山口から本格的に登山開始。

いきなり、つづら折りの急登です。
「五十間長屋」までは、登山道の急登が続きます。
今年は、あまりまともに歩いていないこともあり
もう、この時点でバテてしまいました。

「五十間長屋」からは、ほどなく「百間長屋」です。


d0159609_11194760.jpg

 百間長屋


ココで小休憩の予定でしたが、団体さんが休んでいた事や
すでにバテバテで、途中に多く写真&休憩を取っていたので
そのまま、進みます。

「百間長屋」のあたりから、鎖場が多くなり
いよいよ、今日の一番の目的「蟻の戸渡り」です。


d0159609_11205524.jpg

 鎖場


d0159609_1123662.jpg

 鎖場は嫌いじゃないです。


ついに、「蟻の戸渡り」に到着です。
平均50センチ程度、全長20~30メートル程度ですかね。
戸渡りの端に立って、全景を初見した時

「こりゃ、困ったなぁ・・・(^^;; 」って言うのが、第一印象でした。(笑)


d0159609_1125044.jpg

 蟻の戸渡り

今日の一番の目的!!


元々、高いところはあまり強くないので
お尻のあたりがムズムズして、落ち着きませんね。(笑)
足場が悪いので、気をつけて歩いてみます。


d0159609_11255321.jpg

 先行する登山者


後から来た団体(たぶんガイドさん付き)は、巻道(迂回路)を選択しました。

一番細くなっている「剣の刃渡り」の部分は
2~3メートル程度ですが、迂回路がありません。

みんな開脚で馬乗りになり、尻ズリで渡っています。
前後の登山者のアドバイスもあり、自分も馬乗りで渡ることにしました。


d0159609_11281933.jpg

 剣の刃渡り

 細いところで
 幅30センチ弱。
 かまぼこ状になっているので
 足場は15センチ程ですね。


d0159609_1128426.jpg

 みんな開脚馬乗りです。



ガスがかかって、周りの山々の展望が無かったのは少し残念ですが
目的の「蟻の戸渡り」に来れたので、すごく満足です。


d0159609_11294174.jpg

 渡り終えて
 振り返って見た「蟻の戸渡り」。



「蟻の戸渡り」を過ぎると、すぐに「八方睨」です。
八方とも、ガスで展望がありませんでした。


d0159609_11304897.jpg

 八方睨


この先は、普通に登山道。


10分程度で、戸隠山の頂上に到着。
軽く朝食に、パンを1つ食べていっぷくします。


d0159609_11312453.jpg

 戸隠山頂上

先におられた人が
ラーメンを作っていて
良いにおいが・・・。


午後からは、天気が悪くなるかもしれないと思っていたので
早々に、頂上を出発しました。

九頭竜山を経て、一不動避難小屋までは
何度もキツめの小ピークがあり、なかなかしんどかったです。
最後の、一不動避難小屋への下りでは
「これで、また登りがあったらイヤだなぁ」と、つくづく思いましたね。(笑)


d0159609_113433.jpg

 九頭竜山


d0159609_11343073.jpg

 一不動避難小屋


一不動避難小屋で、昼食。

ここからは、以前「高妻山」に行った時と同じ下山ルート。
途中の「氷清水」で、一杯の水を飲みます。
土砂崩れで、通行不可になっていたと思われるところも
きれいに復旧されていました。

キャンプ場まで、無事下山。
バスで奥社まで戻るかどうか考えたましたが
うる覚えのバスの時間記憶では、バスが出たあとのような気がしたので
奥社まで、散策路を歩くことにしました。

散策路は、この時期見るモノもなく ただただ遠い。
次回は、バスで戻ろうと反省しました。(^_^;


d0159609_1137308.jpg

 参道入口で売っていた「熊笹ソフト」

 味は、チョット苦めの抹茶味?
 みたいな感じ(主観)でした。






d0159609_11383278.jpgd0159609_11391186.jpg


d0159609_11393980.jpgd0159609_114071.jpg



今回のコースと時間

d0159609_1132023.jpg



いきなりバテてしまったので、他の人の参考にはなりませんが
自分の記録のために、今回のコースタイムです。

駐車場5:30-(25分)-5:55 奥社6:10-(70分)-7:20百間長屋-(50分)-8:10蟻の戸渡り8:30-(10分)-8:40八方睨-(10分)-8:50戸隠山頂上9:10-(60分)-10:10九頭竜山10:15-(60分)-11:15一不動避難小屋11:35-(75分)-12:50キャンプ場-(80分)-14:10駐車場


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
Commented by hirospace at 2013-09-23 12:47
お疲れ様でした!

ヨモさんなら、ちょっと頑張っただけで、登れる山ですうが、
僕には到底無理な山で、よくぞ登られたという感じがしています。
by yomogi_e | 2013-09-14 23:59 | 山歩き | Comments(1)